急性肝炎という病気があるのですが、あなたは聞いたことがありますか?
人間には多くの臓器があって、それぞれの疾患があります。

その中でもかかりたくない病気が、急性肝炎です。

もしかしたら、急性肝炎にすでにかかっている人もいう方多いのではないでしょうか。
治療には時間やお金だけでなく病気の苦しみも味わうことになるでしょう。
ですので、急性肝炎にはならないよう、気をつけて日々送らなくてはなりません。

急性肝炎というには、あまり知らないのですが、生涯にわたって無縁でいられるかどうかわかりません。
なにせ、酒に弱い家系ですから、肝臓は強くないでしょうし、急性肝炎にかかるかもしれません。

もちろん、肝臓が強くて酒に強いから急性肝炎にはならない、ということはないでしょうけども。
肝臓が強かろうが弱かろうが、十分気をつけて生活していきたいものです。

そのためには、急性肝炎がどういう病気か、知っておきましょう。

急性肝炎というのは、主にウィルスによって引き起こされる病気です。
そして、それがきっかけで、いろいろな症状が出てくるようになります。

たとえば、食欲不振、嘔吐感、倦怠感、発熱などの症状があるようです。
ウィルスに感染しないようにすれば、急性肝炎にはかからなくなるということなのでしょうが、気をつけて生活していきたいですね。


カテゴリ